グリーンネイルの放置はうつる?自宅治療の方法と薬

グリーンネイルを放置しないで自宅で治療するための薬や方法

グリーンネイルについて正しく理解すれば自宅での治療は可能です!

ジェルネイル

ファッションネイル好きの女性にとって、ジェルネイルやスカルプチュアができなくなるなんて考えたくもないですよね?

 

これを聞いて、『ネイルが出来なくなることなんてあるの?』と思ったあなたは、注意してください!実は誰もがその可能性を秘めているんですよ。

 

 

その理由は、爪の病気にあります。

 

ジェルネイルやスカルプチュアを外してみたら、爪が緑色に変色していたなんて経験はありませんか?

 

実はこれ、【グリーンネイル】という、カビによる感染症の一種なんです。症状が軽い場合は自然に治っていくこともありますが、『そのまま放置しておいたら症状がどんどん悪化してしまって、完治までに1年以上かかった』、なんていうお話も良く聞きます。

 

 

このように、放っておくと治療が厄介になるグリーンネイルは、緑膿菌というカビによって引き起こされます。

 

緑膿菌は、人の皮膚や粘膜、また土壌や水中など、私たちの身の回りのどこにでも存在する常在菌の一つで、健康な人であれば感染しても症状を発症することはありません。いわゆる日和見感染菌です。

 

しかし病気などで体の免疫力が低下していたり、カビの好む高温多湿の環境が整うことで、菌が増殖し発症することがあります。

 

免疫力の低下によって緑膿菌が増殖した場合、肺炎、尿路感染症、敗血症、眼感染症など深刻な症状を引き起こしますが、爪に感染するのは、高温多湿の環境で菌が増殖したり、元の病気の二次感染的に発生するケースが多いように思います。

 

 

グリーンネイル

では、ファッションネイルと緑膿菌の感染は、どのようにして結びつくのでしょうか?なぜファッションネイルをしているとグリーンネイルになるのかと、疑問に思っている方も多いことでしょう。

 

その理由は、ジェルネイルやスカルプチュアがリフト(浮いた状態)した場所に菌が増殖しやすいことにあります。ネイルが浮くと自爪との間に小さな隙間ができます。手を洗ったり水仕事をしたときにその隙間に水が入って、しっかり乾燥させないままでいると蒸れます。カビはこの環境が大好きなので増殖し症状を引き起こしてしまうのです。

 

もちろん手だけではなく、足の爪にも発症することもあります。足は手よりも、水虫や爪水虫にかかりやすいので、むしろ緑膿菌の二次感染には注意したほうが良いと思います。

グリーンネイルが重症化しやすいのは元々爪白癬にかかっていた爪が二次的に緑膿菌に感染したケースです

グリーンネイルが治りにくいのは、元疾患として、爪白癬(爪水虫)にかかっている場合です。

 

爪白癬にかかっている爪は、皮膚のバリア機能が弱っていますから、他の感染症にもかかりやすい状態となっています。そのような時に、ジェルネイルやスカルプチュアが浮いた状態になって緑膿菌が入り込むことで、感染が一気に広がることがあります。

 

爪白癬自体は、痒みがないと言われています。また初期であれば、爪の一部が白くなっている程度の症状ですから、爪白癬に気づかないことも多く、そのままファッションネイルやマニキュアをしてしまうことも多いため、グリーンネイルにもかかりやすくなるのです。

 

 

グリーンネイルの治療法

グリーンネイル治療法

ジェルネイルやスカルプチュアを外した時に、グリーンネイルに気づいたら、皮膚科を受診しましょう。

 

緑膿菌が単独で感染していて、爪がうっすらと緑色に変色している程度の症状であれば、しばらくの間爪には何も付けないで良く乾燥させておけば、自然に治ることもあります。
また病院では抗真菌作用のある外用薬を処方してくれますので、毎日塗ることで1〜2週間もあれば完治させることができます。治ればネイルを再開していただいて構いません。

 

その際、緑色になった部分はヤスリなどを使って削り取ってもらえばいいのですが、爪の変色自体は薬では治りませんので、削って取り切れない部分については、爪が伸びてきて自然に押し出されるのを待つしかありません。

 

 

元疾患として爪白癬がある場合

病院では原因菌の特定のために、爪の一部を削って顕微鏡検査をしてくれます。そこで白癬菌が検出されれば、爪白癬(爪水虫)の治療を始めなければなりません。

 

爪白癬は症状が進んでくると、爪が肥厚したり、白や褐色に濁ったり、もろくなってポロポロと崩れてくることもありますので、そうなると病院での治療の第一選択は内服治療になります。

 

爪は硬く、外用薬では浸透しにくいという欠点がありますので、お薬を毎日飲んで体の内側から白癬菌をやっつける方法を取るのです。

 

内服治療の危険性

病院で内服治療を勧められた場合、同時に以下のような説明を受けます。

 

『内服治療は肝機能障害や血液疾患の副作用が出ることがあります』
『ですから定期的な血液検査が必要になってきます』
『血液検査の結果を見て、肝機能などに問題がないことを確認しながら治るまで内服治療を継続していきます』
『血液検査で異常が出たときは、内服を中止します』
『内服薬だからと言って、治療期間が短縮されるわけではありません』
『治癒率は70〜80%で、すべての方が治る訳ではありません』

 

病院でこのような説明を受けて、内服治療に不安を感じて辞退する方も多いです。

 

また、病院に行く時間がない、病院に行くのが恥ずかしい、妊娠中で内服治療はできない、という方もいるので、外用治療を選択される方が増えてきています。

 

市販の薬で対応できるか?

では市販薬を使って、爪白癬を伴ったグリーンネイルを治すことができるのでしょうか?

 

残念ながら、私が薬局で調べたり薬剤師さんにお聞きした限りでは、明確に爪白癬に特化した市販薬は無いことが分かりました。

 

市販のお薬は、足白癬には効きますので爪白癬にも代用できます、という感じで説明してあることがほとんどでした。

私がお勧めするただ一つの爪白癬専用の治療ジェルはクリアネイルショット!



 

そこで、私がお勧めする、唯一つの爪白癬専用の治療用ジェルが、クリアネイルショットなのです!

 

爪白癬を伴うグリーンネイルを自宅で外用治療したい方に、ぴったりの商品です。

 

前にご説明した通り、従来の外用薬は、爪の中や下に有効成分を浸透させることができませんでしたので、爪白癬を治すことができませんでした。

 

しかしクリアネイルショットは、浸透力特化型製法で作られていますので、しっかり爪に浸透して効果を発揮します。

 

クリアネイルショットがお勧めのこれだけの理由

では私がなぜ、クリアネイルショットをここまでお勧めするのか、具体的にご説明していきます。

 

副作用もなく安心・安全

クリアネイルショット

クリアネイルショットは天然由来の成分で作られているので、副作用もなくどなたでも安心してご使用になれます。

 

特に肝機能に問題があって内服治療が出来ない方はもちろん、妊娠の可能性がある方、妊娠中の方、また授乳中の方でも、赤ちゃんへの副作用を気にすることなく使うことができます。

 

ただし、塗り薬の宿命として、皮膚のかぶれを引き起こすことがあること、また人によっては含まれている成分でアレルギー反応が出ることもありますので、注意が必要です。

 

以下は、クリアネイルショットに含まれている全成分となりますので参考にしてください。

水、グリセリン、竹酢液、BG、カルボマー、ティーツリー葉油、スクワラン、アボカド油、水酸化K、フェノキシエタノール、レプトスペルムムペテルソニイ油、トコフェロール、グリチルリチン酸2K、塩化Na、ダイズ芽エキス、レシチン、アスコルビン酸、パルミチン酸アスコルビル

 

全額返金保証が付いてリスクがない

開発・販売している北の達人コーポレーションには、『びっくりするほど良い商品ができた時にしか発売しないこと』、という商品開発基準があります。

 

それだけ自信をもって発売した商品だから、一人でも多くの方に商品を実感していただきたい、実感しないまま諦めないで欲しという気持ちがあります。

 

そこで、最低15日以上使っても満足いただけない場合は、商品到着から25日以内の申請であれば、商品1個の代金(税込)を全額返金を保証しているのです。(*支払い時の手数料や送料は対象外)

 

これは爪白癬を伴うグリーンネイルで、真剣に悩んでいる方の想いに答える、最善の方法であると感じます。

 

開発・販売しているのが東証一部上場企業で社会的信用力が高い

開発・販売しているのが、東証一部上場企業だから、安心感があります。

 

東証一部上場企業といえば、トヨタ自動車、ソニー、ソフトバンク、パナソニックなど、日本を代表する大企業の集まりです。それらの会社と同じくらいの信用力があり、また財務状況もしっかりした会社であると、社会で認められていることになります。

 

いくら全額返金保証制度があるからといって、潰れてしまいそうな会社では、制度自体が信用されません。しかし東証一部上場企業という肩書が、信用を裏付けているので、安心して注文することができるのではないでしょうか。

 

ネットで購入できて誰にも知られず治療できる

爪白癬が進行すると、見た目が悪くなるので、誰にも見せたくないし、病院に行くのも恥ずかしいと思う方もいるのではないでしょうか?

 

そのような方にとっても、クリアネイルショットであればネット購入でき、『ボディクリーム』として届きますので、誰にも知られることなく、治療を開始することができます。

 

家族や親しい友人にも知られたくないし、見られたくないのが爪白癬なのです。

 

医学誌に掲載されるほど効果が実証されている

医学と薬学

クリアネイルショットの使用による爪の状態を4項目において調査し、その実績となる論文が日本有数の医学誌である、『医学と薬学』に掲載されました。

 

『医学と薬学』は、1979年創刊の伝統ある医学誌で、豊富な医学・薬学の情報を掲載し、大学、病院など医療関係者に広く読まれています。また座談会、研究会等の内容を発表する場としても活用されています。

 

このような権威ある医学誌に掲載されるくらい、クリアネイルショットの効果が認められているということに他なりません。

 

 

ただし誰にでも効く訳ではない…

そうは言っても誰にでも効く訳ではありません。100%の薬なんてないのですから。

 

しかし、市販されている商品の中で唯一、『爪水虫専用』と謳っていて、しかも権威ある医学誌に掲載されるほどの商品は、他にあるでしょうか?

 

全額返金保証が付いている今が、購入のチャンスです!

 

 

クリアネイルショットの料金

クリアネイルショットは1本の定価が3,300円(税別)で、約1か月分の7g入りとなっています。

 

10%OFFお試しコース

1本あたり2,970円(税別)で購入できて、キャンセルの連絡を入れるまで、毎月1本ずつのお届けとなります。

 

いつでも解約できて、リスクのないコースです。

 

15%OFF基本コース

1本あたり2,805円(税別)で購入できて、キャンセルの連絡を入れるまで、3か月ごとに3本ずつのお届けとなります。

 

3回目の商品を受け取った後は、いつでも解約できます。

 

20%OFF年間コース

1本あたり2,640円(税別)で購入できて、3か月ごとに4回に分けてのお届けとなります。

 

最初に1年分の申し込みをすることで、最もお値打ちな価格で購入することができます。

 

購入する際ののポイント

最初は、リスクの無い10%OFFお試しコースを選択するのが良いと思います。

 

使ってみて気に入らないときは、返品すればお金も返ってきますので、まずはこのコースで申し込んで、自分に合うかお試しください。

 

それで気に入れば、それ以降は基本コースや年間コースでさらにお安く購入すればいいと思います。

 

公式ページはコチラ⇒81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

グリーンネイルの予防法

グリーンネイル予防法

グリーンネイルは毎日のネイルケアやサロンを選びによって、予防することが可能です。

 

いつまでも指先のオシャレを楽しみたいのであれば、感染症にならないようにしっかり対策をしましょう。

 

ここでは、グリーンネイルを予防するためにすべきとをまとめます。

 

 

ジェルネイルやスカルプチュアが浮いたらすぐに対処する

日々の生活において指先に力が掛かることは良く起こります。例えば、パソコンのタイピング、掃除や洗濯などの家事、段ボール箱を明けたり、車の運転もそうでしょう。

 

このような時は、ジェルネイルやスカルプチュアに力が加わって、浮いてしまうことがあります。浮くと自爪との間に隙間ができて、カビの繁殖の原因となりますので、放置しないですぐにジェルネイルやスカルプチュアを外すか、浮いた部分を補修する必要があります。

 

 

手を洗ったり水仕事をしたあとはしっかり乾かす

ジェルネイルやスカルプチュアをしていると、気づかないくらい小さな隙間が、自爪との間にできていることもありますので、手を洗ったり水仕事をした後は、水分をよくふき取って、しっかり乾燥させることが大切です。

 

また汗をかいたときにも、しっかりふき取りましょう。高温多湿の環境を作らないことが、一番の予防となります。

 

 

体の免疫力を高める

グリーンネイル予防法

体の免疫力が低下すると、緑膿菌が増殖して症状を発症することがあるので、病気などには注意してください。

 

免疫力を上げるのに有効な方法は、

  • 体を温める
  • 睡眠をしっかりとる
  • ストレスを溜めない
  • 食事を見直す

 

などがありますので、参考にしてみてください。

 

 

信頼できるネイルサロンを選ぶ

ネイルサロンの清潔感や、ネイリストの技術力は、爪を削りすぎずに健康に保ったり、リフトしにくいネイルに仕上げるという点で、とても重要になってきます。

 

『安い・早い』が売りのサロンは要注意

ネイルに掛かる平均的な予算は5,000〜8,000円くらいです。初回は値引きがあるにせよ、2回目以降もこれより大幅に安いサロンは、気を付けた方がいいですね。

 

このようなサロンは、薄利多売の経営スタイルなので、材料が安価なものであったり、施術も雑になることがあります。ネイルの持ちが悪いと、当然ネイルもはがれやすくなり、リフトの原因になります。

 

また左右で別のネイリストが施術をするなんてこともあり、左右のデザインに違いが出たり、非対称になったりするトラブルもあります。

 

ネイリストの資格をチェック

ネイリストには国家資格はありませんが、技術や知識を認定するための資格は多数存在しますので、参考になるのではないでしょうか。

 

例えばJNECネイリスト検定や、JNAジェル検定などは有名です。それぞれ3級〜1級、初級〜上級まであるので、2級以上あるいは中級以上であれば、最低限の知識と技術は保証されているということで、ネイリスト選びの一つの基準にはなると思います。

 

ネイルサロンの店内の様子や、サンディングのスキルを見る

清潔なサロンで施術を受けることは、ネイルの持ちを決定する一つの要素だと思います。

 

例えば、爪を削った時に出る白い粉が、机の上のヤスリや筆、ネイルチップなどに大量にかかっているようなサロンは、辞めておいた方が無難です。

 

また、ジェルネイルをする前工程のサンディングは、ネイリストの技術の差が出やすいのではないでしょうか?

 

爪をたくさん削ればジェルは密着しやすくなりますが、爪自体が薄くなり、もろくなって割れる原因にもなります。技術のしっかりしたネイリストは、そんなに爪を削らなくても、ジェルをしっかり密着させる腕があるものです。

最後に

グリーンネイル治療

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

グリーンネイルを治療するには、その元となっている疾患を治すことが必要となります。

 

元疾患の中で特に多いのが爪白癬です。いわゆる爪水虫ですね。

 

爪水虫を、塗り薬で治すためには、とにかく根気強くクリアネイルショットを塗り続けることが大切です。

 

そうすることで、白癬菌に侵されていないキレイな爪が生えてくるようになり、白濁したり、緑色に変色している部分が徐々に押し出されていくことで、正常な爪に生え変わります。

 

手の爪は1か月に約3mm、足の爪は1か月に約1.5mm伸びますので、完全に爪が生え変わるには、数か月から1年以上かかることもあります。

 

治るまでは、ジェルネイルやスカルプチュアの施術はお預けですが、ここで完全に治すことができれば、それ以降またずっとネイルを楽しむことができるようになりますので、ここの機会にしっかり治されることをお勧めします。

 

治った時の爽快感は、それまでのどんな苦労も忘れさせてくれるほどですよ!

 

公式ページはコチラ⇒爪水虫に『クリアネイルショット』

 

ホーム RSS購読